ユニークなアートでご自宅やビジネスに特別なタッチを加えましょう。ラープス アート ギャラリーでモダンなオリジナルの油絵や高品質のキャンバス プリントを発見してください。

ベニテングタケの秘密: 儀式からお守りまで

ベニテングタケ:シャーマニックの儀式から幸運の象徴へ 🍄 🍄

ベニテングタケ (Amanita muscaria) は、何世紀にもわたって世界中のさまざまな文化で重要な役割を果たしてきた神秘的なキノコです。 幻覚作用があることで知られ、霊とコミュニケーションを取り、トランス状態に入るためにシャーマンによって数多くの儀式で使用されてきました。 強い> ベニテングタケは芸術や文学の中で幸運の象徴としてよく描かれています。しかし、その毒性により摂取には大きなリスクが伴うため、危険を避けるためには正しい調理方法と摂取方法を正確に知る必要があります。以下に、この並外れたキノコを適切に準備する方法と、マイクロドージングの潜在的な利点に関する情報を示します。

私たちが油絵の主題として毒キノコを扱っているだけであり、私たちが儀式について書いているものはすべて、純粋に好奇心として意図されていることに注意してください。博士。マグダレナ・ラーブス世界中を何度も旅行しているため、さまざまな文化の信念、幸福の認識、儀式や使用される薬用植物に興味を持っています。

ベニテングタケの準備と摂取 🍄

ベニテングタケ (Amanita muscaria) は幻覚作用があることで知られていますが、その摂取には毒性のため大きなリスクが伴います。以下の情報は情報提供のみを目的としており、ベニテングタケの摂取に関するアドバイスとして考慮されるべきではありません。マイクロドージングを試みる前に、適切な専門家に相談する必要があります。

ベニテングタケと緑色のデスキャップを混同しないように注意することも重要です。緑色のデスキャップは致死的な毒性を持つ可能性があります。

1.乾燥:

  • 乾燥プロセス: ベニテングタケの乾燥は、ベニテングタケを摂取できるように準備する最初のステップの 1 つです。 。約 60 ~ 70% で乾燥すると、キノコに含まれるイボテン酸などの有毒化合物の一部が分解されます。
  • 長期保存: 乾燥後、キノコは少なくとも 2 か月間保存する必要があります。この間に有害物質はさらに分解され、消費の安全性が高まります。

2. 脱炭酸:

  • イボテン酸: ベニテングタケの主な有毒化合物はイボテン酸で、乾燥中に発生します。そして貯蔵は毒性の低いムシモールに変換されます。
  • プロセス: イボテン酸からムシモールへの脱炭酸は、キノコを乾燥させることで行うことができます。約60℃の温度で加速することができます。

3. マイクロドージング:

  • 安全な摂取: ベニテングタケを非常に少量 (微量摂取) で食べると、リスクが高まる可能性があります。中毒を軽減します。微量投与とは、完全な精神活性効果を引き起こすことなく、潜在的な健康上の利点がある可能性のある幻覚誘発性の量を摂取することを意味します。
  • 推奨事項: マイクロドージングを開始する前に、必ず医師または自然医学の専門家に相談してください。

警告と注意事項

1. 毒性:

  • 中毒のリスク: ベニテングタケは非常に有毒なので、不適切な調製や大量の摂取は危険です。吐き気、嘔吐、幻覚などの重篤な中毒症状を引き起こし、極端な場合には死に至る可能性があります。

2. 標準化の欠如:

  • 毒素含有量の変動: ベニテングタケの毒素含有量は場所によって異なる場合があります。 、季節などの要因は変化するため、正確な投与が困難になります。

3. 医学的アドバイス:

  • 専門家からのアドバイス: ベニテングタケを摂取するかどうかを決める前に、必ず医師に相談するか、危険な健康影響を避けるために、毒物学者に相談してください。

まとめ

ベニテングタケ (テングタケ属) 理論的には、約 60 度で乾燥させるなど、適切な準備を行った後- 70%と長期保存により、毒性が軽減されます。マイクロドージングは​​中毒のリスクを最小限に抑えることができる方法です。ただし、潜在的な健康リスクがあるため、このキノコを摂取する前に特別な注意を払い、適切な専門家に相談する必要があります。

「用量は毒を作る」 - Die Dosis macht das Gift

パラケルススの法則は「Dosis facit venenum」で、ラテン語から翻訳すると「投与量が毒を作る」という意味になります。これは、少量では無害であるか、または有益である可能性がある物質が、大量に使用すると有毒になる可能性があることを意味します。ルネサンスの医師であり錬金術師であるパラケルススは、毒であるのは物質自体ではなく、その量であると強調しました。

よく言われるように、すべては治療法か毒か、投与量が違いを生みます。 パラケルススの法則として知られるこの原理は、どんな物質も摂取量に応じて有益にも有害にもなり得るというものです。通常は健康に良いと考えられている物質でも、過剰に摂取すると危険になる可能性があります。例としては、大量に摂取すると有毒となる可能性があるビタミンや、過剰摂取により低ナトリウム血症を引き起こす可能性がある水などが挙げられます。この原則を理解することで、摂取する各物質の正しい用量に注意を払い、より慎重に栄養と健康に取り組むことができます。

毒性を理解する: ジャガイモ、コーヒー、ベニテングタケ

ベニテングタケは有毒であると考えられていますが、普通のジャガイモにもソラニンが含まれているため有毒です。調理しなければ私たちの体に有害です。同様に、大量の塩や高用量のコーヒーは有害であるだけでなく有毒でもあります。その秘密は適切な用量にあります。

さらに、日常の食品の多くは大量に摂取すると有毒になる可能性があります。たとえば、チョコレートには大量に摂取すると危険なテオブロミンが含まれており、ブラジルナッツには過剰に摂取すると有毒なセレンが多く含まれています。生命にとって不可欠な水でさえ、過剰に摂取すると水中毒として知られる状態を引き起こす可能性があります。 「静脈摂取量」 の原則を理解し、適用することは、栄養と健康に役立ちます。より注意深く、消費される各物質の正しい用量に注意を払ってください。

ベニテングタケ - 幸運な人🍄

  さらに詳しく ->